ゲーム

ゲーム

この前ゆっくりお茶を飲みながらMr.サンデーを夫と見ていました。

日曜日のその時間にテレビを見るのは珍しいのですが、その日はたまたま見ていました。

その中で報道されていたことで少し怖いなと思ったことがあります。

それは中国で若者がネットゲームに依存しているというものでした。

ネットゲームに依存するあまり、十何年もネットカフェにひきこもり危篤状態になっている人のことを見ました。また、ゲームをするお金欲しさに家財道具を売る若者も出ていました。

確かに自分のことを考えてみてもゲームは小さいころから好きだったし、よくしていて母に怒られた記憶もあります。

でも、やっぱりゲームはゲームなんですよね。

ある一定期間したら飽きちゃうんです。

それをずっとこもりっきりで何年もやっているなんてちょっと衝撃的でした。

でも、それを更生するための学校みたいなところもあるようです。

軍隊見たいなところでした。

でも徹底されているのがすごかったです。

あれだけしごかれたらやめられそうな場所でした。

我が家にも1歳の息子がいますが、すでに携帯などが好きです。

勝手に触って勝手に電話をかけてしまうこともしばしば。

手の届かないところに置いたつもりでも最近では背伸びをしてとれるようになったりしているので困ります。

後年々かしたら息子もゲームをするようになるでしょう。

うちはゲームを買い与えないということはせず、家族で楽しむという方向にもっていけたらいいなと夫と話しています。

一人でゲームをさせるのがあまりよくないと聞いたことがあります。

確かに誰とも会話をせずその世界にのめり込んでしまう感じがありますよね。

なので、ゲームを一種の家族間のコミュニケーションの道具にできればよいなと思います。

また、ゲームをさせるうえで一日何時間までと決めごとを作ってその約束を守らせるということもしたいです。

子供のおもちゃといえどその子にとって有害になるものもあれば有益になるものもあります。

そのあたりは使い方にもよると思うので、その使い方に関して間違えないようにしたいですね。

フィットシャトルの値引き

「ホビングリッシュ」って知ってますか?

「ホビングリッシュ」って知ってますか?私は先日この言葉を初めて聞いたばかりです。ホビーとイングリッシュでホビングリッシュという造語なんですって!

英語を勉強するなら、自分の好きなことをテーマにして学ぶと良い…とはよくいわれますよね。たとえば、好きな外国人タレントの情報を海外のサイトで読むとかそういう方法です。ホビングリッシュもにたようなもので、趣味としてなにかお習い事をしながら、それを英語でやるということなんだそうです。そして、このホビングリッシュスクールが流行りそうなんだとか。

人気なのはお料理教室。ホビングリッシュのお料理教室ですから、教えてくれる先生は英語で説明をし、レシピなども英語で書かれています。私が読んだ雑誌の記事ではそこまで書いてなかったですけど、たとえば英語でイングリッシュマフィンを焼くだなんていうふうに、英語圏の文化を学ぶでもあったりしたら、本当に一挙両得……どころか、三得、四得です。スペイン語でスペイン料理、タイ語でタイ料理なんていうのもとっても楽しそうです。勉強できて、文化にふれて、しかも美味しいものが食べられるなんて最高じゃないですか?。お料理教室以外で他に紹介されていたのは、ホビングリッシュでヨガ。これもからだの部位の名前とかが覚えられそうでいいですね。

私だったら何がいいかなあと考えてみたんですけど、仏像とかのレクチャーを英語でしてくれる教室があれば絶対いきますね!そももそも漢字が多く、古い言葉が多いので、案外英語のほうがすんなり頭に入ってくるかも……なんて思いました。

それに、日本語があまり得意でない日本在住の外国人さんにとってもよいですよね。そう言う人たちが参加したら、同じ教室の日本人も英語を使う機会が増えるかもしれませんしね。変わり種としては空手なんていうのもありましたよ!ホビングリッシュ、なかなかよく考えられています。残念なのはうちの地元にはホビングリッシュの教室がないこと。お料理上手で、翻訳の仕事をしている友人に、ホビングリッシュでもひらいたら?ってすすめてみようかしら。