生活のペース

生活のペース

専業主婦になってからというもの、楽だなと感じる半面、働きたいなとも思います。

以前はバリバリに働いて朝は6時に家をでて、24時前に帰宅といったような生活でした。

今思えばそんな生活長く続くはずもないのですが、当時は頑張っていました。

その職場で主人と出会い結婚して子供ができて退職しました。

妊娠中もつわりがひどく、切迫早産だったため入院こそ免れたものの自宅安静でした。

それまでいろいろできていたことができなくなって最初はかなりストレスを感じました。

なんだか世間との交流がなくなり、一人取り残されているようでした。

でも、母親学級などに通うようになり少し転勤先でも話せる人が出てくると気が楽になりました。

やっぱり人と接しないというのは想像以上にストレスになるようです。

ただ切迫だったのであんまり動けず、ベットでゴロゴロ本を読む生活が続いていました。

その後子供が生まれて、産後は実家の母がお世話に来てくれて3週間ほどは子育てに専念できました。

最初は慣れない育児で本当に大変でしたが、1年もたつとだいぶ慣れてきます。

その中で専業主婦って大変って思ったことは、まず外に出られない。

周りのママ友さんは早々に仕事復帰して楽になったといています。

確かに以前のような仕事は今は無理ですが、せめて7時に帰れるなら家事とかすべてやってても仕事のほうがいいななんて思ってしまいます。

というのも、一日家にいると生活のペースが単調だしすごく狂いやすいんですね。

子供が保育園に行くわけでもないので眠たそうだったら少し寝かせてあげるとかしているとすぐ予定が変わってしまいます。

そして突然時間ができたりするんですよね。

その時間の使い方も最初は慣れませんでした。

今では、資格の勉強をしたり離乳食のストックを作ったりと比較的有効に使えている気がします。

ようやく育児にも慣れてきましたが、家にいるというのがかなりストレスになるのでもう少し子供が大きくなったら保育園に子供を預けて少し働きたいと思います。

それまでは子供と思う存分遊んであげようと思います。

プリウスphv

加圧トレーニング初体験!

加圧トレーニングって、最近流行ってるみたいですね。私も興味があったのですが、本当にツライ!という友人の体験談をきいてしり込みしていたんです。「やってみたいけど……そんなにツライなんて私にできるかなあ」と思っていたところに、別の友人から「私もやったことないんだけど興味あるから一緒にいこうよ!」と誘われて……。

加圧トレーニングをしらない人のためにちょっと解説。加圧トレーニングっていうのは、腕だとか脚だとか、付け根の部分にバンドをつけて血流を制限して行うトレーニング。そうすると、たとえば軽いダンベルでもものすごく効果が高まるのだそうです。

……でチャレンジした加圧トレーニング。どうだったかというと、本当に辛かったです(笑)。友人が本当にツライ!といっていたので、本当にツライのだろうとおもっていたのですが、想像の上を行く辛さでした……。本当に、本当に辛い!何度もいいますが、これは本当に辛いです!

たった1kgのダンベルを持っているだけなのに、血流を制限するだけでこんなにつらいとは……。私はそもそも汗をかきにくいタイプなのですが、そんなわたしでももう汗がだらだらだらだらと流れ落ちるんです。真夏の炎天下でもこんなに汗がでることはないのに……。もう帰り道からガクガク。次の日、その次の日とものすごい筋肉痛になってしまいました。こんな酷い筋肉痛は学生の時、体育の先生にしごかれて以来です!大人になってからはちょっとわすれていた感覚。

流石にこれは効果があると身をもって体験しましたが、続けようとは思えませんでした。「上級の鍛え方」わたしにとってはそんな感じです。事実、アスリートもトレーニングとして取り入れる人がどんどん増えているのだそうです。中学、高校と文化部でのんびりすごしてきた私には向いていないような……。とこの根性のなさが問題なんですけどね。方や一緒にいった友人はすっかりこれが気に入ったらしく「入会しようかなあ」だなんていってました。す、すごい。「一緒にやろうよ?」といわれたけど、わたしは絶対に首を縦に振りません(笑)。